ファッション

暗闇を照らす「コム デ ギャルソン・オム プリュス」のクリエイション 2021-22年秋冬を東京で発表

 「コム デ ギャルソン・オム プリュス(COMME DES GARCONS HOMME PLUS以下、オム プリュス)」は、2021-22年秋冬コレクションを東京・南青山の本社で発表した。前シーズンに続いてパリ・メンズ・コレクションには参加せず、招待客を限定してのフロアショーとなった。

真っ暗なショー会場

 今シーズンのテーマ“DARKROOM”に合わせて、会場には暗闇が広がる。視界がほぼゼロの状態で、地面を指すスポットライトに立ち止まってようやくコレクションの全貌が明らかになる演出だ。モデルはほぼ全てミニマルなモノトーンカラーに徹し、クラシックなムードのジャケットやコートをまとう。しかしアウターの素材はラメツイードやネップ、甘撚りの糸を用いてやわらかく織られたツイードなど実に多彩。さらにハウンドトゥースやグレンチェック、ストライプ、葉っぱやバナナ柄などの誇張されたパターンが、インサイドアウトのメリハリによってより強調される。またジャストショルダーのジャケットやチェスターのセンターは斜めにゆがみ、胸部には部分的に綿が詰めらて独自のシルエットを形成。重厚なアウターから覗くライナーにはフリンジがダラダラと垂れ下がったり、ポンポンが付いたり、ショーツやタイツ、ハイソックスなどのアクティブなボトムスで既存のクラシックを破壊していく。「クリエーションは、視覚のみならず、六つの感覚全てが重要な働きをする暗闇の中にこそ立ち上がる」というコンセプトの通り、暗闇だからこそ豊かなクリエーションはじわじわと存在感を強めていった。

ハイヒールのヘッドピースや
「ナイキ」コラボも登場

 今シーズンはアメリカのコンテンポラリーアーティスト、ウィリー・コール(Willie Cole)とのコラボレーションで、ハイヒール製のヘッドピースやハイヒール柄のシャツなどが登場。また「ナイキ(NIKE)」と協業したシューズも継続し、ボリュームのある“エア フォームポジット(AIR FOAMPOSITE)”などが披露された。

 フィナーレではモデルが全身黒で統一され、再び暗闇へと消えていった。「私たちは今、闇に包まれたこの世界で、新しいものを見つけ出さなければならない」――コレクションノートに記されたこの言葉には、先行き不透明な時代だからこそ新たな創造や発展が生まれ、人類は進歩するはずだという思いが込められている。モノトーンが軸のコレクションにどこか温かみを感じたのは、そのせいかもしれない。「オム プリュス」は、ファッションの力で暗闇を照らすことができると信じている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら