ビューティ

音楽は聴けないけど美しくなれる! ヘッドホン型の美顔器が登場

 美容と健康関連事業を手掛けるビーバイシーは1月29日、美顔器やEMS機器などを展開するブランド「コアフィット」から、新発想の美顔器“フェイスプレイヤー”(全2色、各3万9800円)を発売する。

 “フェイスプレイヤー”は、簡単にハンズフリーで顔の印象を変えることを目指して開発したヘッドホン型フェイスEMS。顔の見た目を決める筋肉“上唇挙筋”や“眼輪筋”にダイレクトにアプローチ。EMSによる電気信号で筋肉を動かすことでトレーニング効果を実現し、表情筋を鍛えてリフトアップに導く。コリや血流、たるみやほうれい線をケアしながら、若々しく美しいプロポーションへと整える。

 「EMSは刺激が強くて痛い」といった声もあるが、“フェイスプレイヤー”の周波数は表情筋にとって心地よく感じるよう計算されており、顔のトレーニング周波数として特許取得済なので安心して使うことができる。週2回ほど、各10分間つけるだけのケアなので、手軽にできることも特徴の1つだ。

 カラーは“ディープレッド”と“ディープオレンジ”(限定色)の2色展開で、専用ジェルパッドのレフィル(2枚入り、680円)も販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら