ファッション

「ルイ・ヴィトン」からメンズの新作レザーグッズ 人気の“ダミエ・パターン”をマルチカラーで

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、メンズの新レザーグッズライン“ダミエ・グラフィット 3D”と“ダミエ・アンフィニ 3D”を2021年1月1日に発売する。一部の直営店ほか公式オンラインストアで扱う。同ブランドを代表する“ダミエ・パターン”を3 つの異なるサイズのブロックで組み合わせて表現した。

 “ダミエ・グラフィット 3D”は、ブラック × グレー、シルバー × ホワイト、深みのあるブルー × ネイビーのほか、遊び心溢れる色鮮やかなマルチカラーを用意した。一方、“ダミエ・アンフィニ 3D”ではカウハイドレザーを用い大人向けの雰囲気を演出。カラーはブラック × ネイビーを展開する。

 一押しアイテムは小ぶりなサイズ感が魅力の“スタジオ・メッセンジャー”だ。ミニマルなデザインで、2箇所のフラットポケットを配し収納力を備える。そのほかサイズの異なる3つのポーチやストラップを自由に組み合わせできる“モジュラー・ポーチ”、旅行用バッグ“キーポル・バンドリエール 50”、メッセンジャーバッグ“トリオ・メッセンジャー”、“キャンパス・バックパック”、“アマゾン・スリングバッグ”、さらにスモールレザーグッズからはカードケース“オーガナイザー・ドゥ ポッシュ”、長財布の“ジッピーウオレット・ヴェルティカル”などをラインアップする。価格は4万6000〜34万9000円。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら