ビジネス

百貨店11月度は1割の減収 感染第3波が影響

 主要百貨店5社の11月度業績は、前年同月と比較して1割の減収だった。前年11月は消費増税(2019年10月)前の駆け込み消費の反動で約1割減収(18年同月比)だったが、今年の各社の業績はそれをやや下回ったことになる。要因は新型コロナ第3波。中旬〜下旬にかけて東京をはじめ各地で感染者が再び増加傾向に転じ、日を追うに連れて影響が色濃く出た。

 各社の既存店売上高は三越伊勢丹が前年同月比14.7%減、高島屋が同11.9%減、大丸松坂屋百貨店が同21. 6%減、そごう・西武が同11.1%減、阪急阪神百貨店が同13.7%減だった。新型コロナの影響で、「月後半にかけて失速した」(大丸松坂屋百貨店広報)、「ミセス、シニア層の来店が大幅に減った」(阪急阪神百貨店)との声が上がる。

 そのような中、都心店では国内優良客の購買が下支えしている。「ロイヤリティーの高いお客様の購買には(新型コロナの)影響をほとんど感じない」と三越伊勢丹広報。両本店(伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店)でもラグジュアリーブランドのハンドバッグ(同5%増)や宝飾(同7%増)、時計(同19%増)など高額品が堅調だった。店舗ごとの売り上げ推移は伊勢丹新宿本店が同12.6%減で「免税客を除けば5%減程度の水準」(同社広報)、三越日本橋本店も同10%減。伊勢丹立川店(同13.5%減)や伊勢丹浦和店(同9.9%減)といった郊外店とほぼ同水準になっている。高島屋は特選衣料雑貨が同8%増、宝飾が同18%増。そごう・西武も、ダウンジャケットや雑貨が売れ、特選衣料雑貨が同10%増だった。阪急阪神百貨店の阪急うめだ本店は、9月導入のウェブ決済サービス「リモーダー」が高額品カテゴリーで好調な滑り出しを見せている。

 衣料品は引き続き低調。三越伊勢丹の両本店はコート、セーターが前年比約3割減。高島屋は婦人服が36%減、紳士服が同30%減だった。

 各社は年末年始にかけ、店舗での福袋販売や一斉セールを中止・規模縮小する方針をとる。三越伊勢丹はクリアランスセールを各売り場で順次開始し、福袋は在庫のほとんどをECで予約販売する。高島屋も同様に12月から福袋の予約受付を開始し、「リアル店舗での福袋販売は一切しない」(同社広報)方針。秋冬物のセールの始動も各売り場ごととする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら