サステナビリティ

人工クモの糸のスパイバー「米国の穀物メジャーから100億円調達」 その真相を関山社長に直撃

有料会員限定記事

 人工タンパク質素材のスパイバー(山形県鶴岡市、関山和秀社長)は10月、米国の穀物メジャーのアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド・カンパニー(Archer Daniels Midland Company、以下ADM)と提携し、米国に人工タンパク質素材「ブリュードプロテイン(Brewed Protein)」の原料の量産工場を建設すると発表した。年産能力は、現在タイに建設中で来年の稼働を計画する原料工場の約10倍で、数千トン規模になる。ADMはスパイバーの増資を引き受け、約59億円を出資。ADMは昨年12月にも43億円を出資しており、合計の出資額は102億円。今回の増資でゴールドウインを抜き、筆頭株主で合成樹脂材料大手のKISCOにつぐ第2位の株主(出資比率9.80%)になる。

 売上高640億ドル(約6兆6560億円)を誇る穀物メジャー2強の一つであるADMが、なぜスパイバーに出資するのか。スパイバーが出資を受け入れる、その狙いとは?次世代サステナブル素材の大本命ともいわれる人工タンパク質素材は、今後どう量産化の道を描いているのか。関山和秀社長に聞いた。

WWD:なぜADMからの出資を?

関山和秀(以下、関山):ADMは主力穀物であるとうもろこしの用途の多角化を考えていたようだ。現在とうもろこしの2つの柱は食用とバイオエタノールだが、いずれの用途も米中貿易摩擦や新型コロナ禍で先行きに不透明感が漂っている。一方で、ADMはアミノ酸発酵の研究と技術に関して、世界のトップ企業の一つ。巨大な発酵設備と多くの知見は、われわれスパイバーの作る人工タンパク質素材「ブリュードプロテイン(Brewed Protein)」の原料生産に大きな後押しになる。2021年稼働予定のタイに建設中の原料工場は、ゼロからの立ち上げになるが、ADMならば既存の設備を活用することも可能だ。

この続きを読むには…
残り1509⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら