ビューティ

花王と和歌山市がSDGs推進で連携協定を締結

 花王は10月21日、和歌山市とSDGs推進に関する連携協定を結んだ。4つの項目を掲げ、地域社会の持続的な発展に向けて幅広い事業領域とそれを支える研究技術で貢献する。期間は同日から1年間となる。
 
 1つ目は海をはじめとした豊かな自然環境の継承。海洋プラスチックごみの調査やリサイクルの推進、海洋環境保全に向けた活動に着手する。中でもリサイクルに関しては、2015 年から同社が提案する循環型社会への新しいシステム・ライフスタイル「リサイクリエーション」と連携する。海洋プラスチック汚染などから海を守るため、和歌山市内で回収した海洋プラスチックごみを再生樹脂に加工する。現状では机や椅子として海辺施設での再利用や道路用高強度剤として海沿いのサイクリングロードに活用する予定だ。

 2つ目は暮らしやすい地域社会の実現。家事育児の視点で、子育てしやすい環境づくりの実現のため、 和歌山市内の子育て世代のモニタリング協力による、魅力ある講座内容や取り組みなどを検討する。 3つ目が未来に向けた人材の育成。プラスチックごみ問題などを題材とした授業プログラムを和歌山市内の小学校で先行実施するなど、 地域や社会の課題解決の視点で検証を行ないながら、市全域の活動に広げていけるよう検討する。4つ目が和歌山市における SDGs の達成に向けた連携協力となる。

 同社は1944年から和歌山市に自社工場を有し、ファブリック&ホームケア、ビューティケア、ケミカルとさまざまな事業の製品を生産する。現在、研究所も含めた和歌山事業場は、国内で最大の事業拠点となっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

「セレクトショップ特集2020」今、ファッションビジネスに必要なことは?目から鱗のユニークなアイデアが満載

「WWDジャパン」11月23日号は、約1年ぶりとなる「セレクトショップ」特集です。今年は“ウィズコロナ時代にセレクトショップに必要なこと”をテーマに、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、ベイクルーズ(BAYCREW’S)、ビームス(BEAMS)、アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)、デイトナ・インターナショナル(DAYTONA INTERNATIONAL)、バーニーズ …

詳細/購入はこちら