ビジネス

花王が参画した共同研究が新型コロナウイルス感染を抑制する抗体を作製

 花王は、北里大学大村智記念研究所ウイルス感染制御学 I 研究室の片山和彦教授らとEpsilon Molecular Engineering(以下、EME)と協力し、新型コロナウイルスの細胞への感染を抑制できるVHH抗体の作製に成功したと発表した。これにより、新型コロナウイルス感染症の治療薬や診断薬開発の応用が期待できる。

 VHH抗体はラクダ科動物由来の抗体で、一般的な抗体すると10分の1の大きさ。高い安定性や微生物による低コスト生産が可能だ。このVHH抗体がコロナウイルスに結合することで受容体への結合を阻害し、コロナウイルスの感染抑制につながる。

 研究にあたり花王は、EMEが持つ“cDNA ディスプレイ技術”(数多くのタンパク質の中から標的分子に結合するタンパク質を効率的に取得できる技術)を活用してVHH抗体の配列情報を取得。さらに自社のバイオ生産技術を生かし、微生物によるVHH抗体生産を行った。そして作製したVHH抗体の標的分子に対する結合能を評価したところ、VHH抗体が標的分子と結合することが分かった。また、VHH抗体は新型コロナウイルスに結合するだけでなく感染抑制能を有することが明らかとなり、治療薬や検査薬の開発への応用が見込める。今後は世界中で活用できる方法を検討し発信していくという。

 花王はコロナの感染拡大を受け、同社ができるさまざまなことに着手。消毒液やハンドソープ、漂白剤などの衛生関連製品は増産を進めており、特に消毒液については、4月に日本で大幅な増産体制を確立している。今後も、政府・行政や工業会、関連企業と密接に連携しながら取り組んでいく。

新型コロナウイルスの最新記事はこちらから

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら