ファッション

高島屋の21年2月期予想は最終赤字365億円

 高島屋の2020年3〜8月期連結業績は、売上高に相当する営業収益が前年同期比34.4%減の2973億円、営業損益が102億円の赤字(前年同期は134億円の黒字)、純損益が232億円の赤字(同124億円の黒字)だった。特別損失(143億円)のうち、新型コロナウイルスによる損失は103億円。

 主力の百貨店事業の営業収益は2419億円(前年同期比37.7%減)、営業損益は138億円の赤字(前年同期は42億円の黒字)。商品別売上高で衣料品は婦人服・用品が44.3%減、紳士服・用品が45.0%減だった。新型コロナによる4月から5月にかけての店舗休業や催事などの自粛、訪日客の激減が痛手となった。「都心の大型店はインバウンドの穴をカバーできていない」(村田善郎社長)。高島屋大阪店の売上高が同46.8%減(404億円)、高島屋新宿店が同47.5%減(189億円)だった。

 海外では上海高島屋が営業時間を短縮(1〜3月)、ホーチミン高島屋(3、4月)、サイアム高島屋(3〜5月)、シンガポール高島屋(4〜6月)が臨時休業した。

 21年2月期連結業績は、営業収益が前期比25.8%減の6820億円、営業損益が180億円の赤字(前期は255億円の黒字)、純損益が365億円の赤字(前期は160億円の黒字)を予想する。下期は、連結子会社A&S高島屋デューティーフリーが運営するタカシマヤ タイムズスクエア(渋谷区)11階の「高島屋免税店SHILLA&ANA」を10月末で閉店するなど赤字の止血に取り組む。国内百貨店事業の販管費圧縮、EC事業の拡大も併せて進め、「来期(22年2月期)の連結黒字化を目指す」。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら