ファッション

容器循環型ショッピングプラットフォーム「ループ」が今冬パイロット版をスタート 本格始動は来年3月で化粧品などが参加

 ループ・ジャパンは循環型ショッピングプラットフォーム「ループ(LOOP)」のパイロットプロジェクトとして、再利用容器を使った弁当や惣菜の販売プロジェクト「ループ テイクアウト 弁当(Loop Takeout Bento)」を12月1日に開始する。期間は来年2月1日までの約10週間の予定で、三菱地所や森ビルが参加し東京・大手町エリアと六本木エリアで販売する。同プロジェクトは東京都の「プラスチックの持続可能な利用に向けた新たなビジネスモデル」に選定され、補助金を受けて実施される。

 プロジェクトでは、弁当の空き容器を回収・洗浄したのち再利用する。弁当は特定オフィスの社員限定で、一般消費者向けには小売店で総菜を販売する。価格は未定。一日の想定販売数は弁当が約35個で惣菜が約50個。容器を返却すると、次回購入時に使えるクーポンが配布される。

 同社は今回の試みについて、「サーキュラーエコノミー(循環型経済)のモデルケースとなり、使い捨てプラスチック削減に貢献する可能性がある。『ループ』のパイロットプロジェクトと位置付け、システム運用を検証し改良につなげていく」としている。なお、今秋を予定していた食品や日用品の容器再利用事業「ループ」の本格運用は来年3月に延期。日本ではサーキュラーエコノミーでの日用品販売の実施例がほとんどないことから、確実な運用のために小規模での試験運用を行うことになった。

 来春の「ループ」本格運用には、小売店のパートナー企業としてイオンが、ブランドパートナー企業として資生堂、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン、ユニ・チャーム、大塚製薬、NS ファーファ・ジャパン、ネイチャーズウェイ、フィッツコーポレーション、味の素、キッコーマン、キリンビールなど16社が参加する。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら