ファッション

「イケア」のミートボールが植物由来原料のプラントボールに! 見た目も味もそっくりに

 イケア・ジャパンは肉の代わりに植物由来の原料でミートボールを再現したプラントボールを10月1日に全国の店舗で発売する(冷凍プラントボール500g、699円)。

 原料には黄エンドウ豆由来タンパク質、オーツ麦、ジャガイモ、タマネギ、リンゴを使用し、味や食感、見た目もミートボールを再現した。原材料の生成から製造過程までなどで発生する温室効果ガスの排出量を換算したクライメートフットプリントは、ミートボールの4%。「イケア(IKEA)」は2030年までに、全商品のバリューチェーンにおける温室効果ガスの削減量が排出量を上回るクライメートポジティブを達成することを目標に掲げており、今回のプラントボールもこの取り組みの一つだ。

 「イケア」レストラン&カフェではプラントボール8個にマッシュポテトとベリージャム、クリームソース、グリーンピースを添えたメニュー(499円)を提供する。また発売を記念してフードライター・料理人のレイチェル・クー(Rachel Khoo)が日本人向けに開発した4つのレシピを、公式サイトとユーチューブチャンネルで随時公開する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら