ビジネス

コロナ禍でも富裕層の購買意欲に変化なし! インバウンドは消えても6~7月の百貨店特選は堅調

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」は、毎シーズン恒例となっている全国有力店を対象にした商況アンケートを2020年春夏も行った。コロナ禍で多くの商業施設が休業を余儀なくされたことから、今季は6~7月期間で調査を実施(例年春夏は1~6月)。近年の百貨店売り上げをけん引してきた免税売り上げが消失したことで大苦戦との声が集まるかと思いきや、特選カテゴリーに限っては、国内富裕層に支えられて堅調な動きが目立つ。休業明けの“リベンジ消費”で、6~7月の特選売り上げは前年同期比2ケタ増という驚きの店舗もあった。8月以降はやや勢いが落ちているが、「富裕層の消費は今後も心配はない」との声が多数。ここでは、有力店からあがった6〜7月の高額品消費の注目傾向を振り返る。(この記事はWWDジャパン2020年9月21日号からの抜粋に加筆しています)

この続きを読むには…
残り2610⽂字, 画像9枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら