フォーカス

ファッション販売員とビューティ美容部員が語り合う どちらにも通じる接客・仕事の流儀

有料会員限定記事

 顧客から支持を集める販売員・美容部員には共通点があるはず。共に丁寧な接客で好評の長洲晴美「ジェット」そごう千葉店店長(ワールド)と、中島のぞみ「SHISEIDO グローバル フラッグシップ ストア」ビューティコンサルタントが接客のプロとして語り合う。顧客から支持を集める販売員・美容部員とは。(この記事はWWDジャパン2020年9月7日号からの抜粋です)

WWDジャパン(以下、WWD):着実にキャリアを築いてこられたお二人ですが、新人時代はどうでしたか。

長洲晴美「ジェット」そごう千葉店店長(以下、長洲):洋服好きが高じて入社したのですが、想像以上に業務は多いし、力仕事でもありました。入って1、2年は、全然売ることができず、モチベーションを上げることが難しかったです。ターニングポイントは、入社2年目の終わりのころ。最初に勤めたセレクトショップで取り扱っていたブランドの一つを任されたこと。どんな見せ方をすれば良いのかを考えるなど、これまでとは違う神経を使うことを覚えました。そして、自分の売りたいものが売れたときの楽しさとお客さまの喜んでくれる姿に自信をもらいました。

中島のぞみ「SHISEIDO グローバル フラッグシップ ストア」ビューティコンサルタント(以下、中島):長洲さんと同じで、私も化粧品が好きで入社しましたが、入社当時は自分の化粧品に対する思いや好きなところを主観で話していただけでした。なので購入していただけないことも多かったです。その後、試行錯誤して、お客さまの好みや環境に応じた具体的な使い方を提案するうちに、納得した上で購入していただけることが増えていきました。頭では理解していても実践できるとは限らないものですね。

この続きを読むには…
残り1839⽂字, 画像13枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら