ファッション

ハリー王子とメーガン妃がネットフリックスと契約 番組制作に関わる

 イギリスのサセックス公爵ハリー王子(Prince Harry以下、ハリー王子)と元俳優のメーガン・マークル(Meghan Markle)=サセックス公爵夫人(以下、メーガン妃)は、大手動画配信サービスのネットフリックス(NETFLIX)と契約を結んだと「ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)」が報じた。数年間にわたる契約で、ドキュメンタリーや長編映画、バラエティショー、子ども向け番組の制作を手掛けるという。また2人も出演予定だというが、メーガン妃が俳優業に復帰するかは未定で、契約料なども明らかでない。

 2人は契約に際して、「コンテンツを通して情報を伝えるだけでなく、希望になるものを作っていきたい。親として新米の私たちにとって、インスピレーションを与える家族向け番組を手掛けることはすごく意味のあることだ」と意気込みを述べた。

 20年4月、英王室の主要王族からの離脱に伴いハリー王子とメーガン妃は息子アーチー(Archie)と共にロサンゼルスに転居し、新たにチャリティー団体アーチウェル(Archwell)を設立。またメーガン妃は、同月にディズニープラス(Disney+)で配信されたドキュメンタリー映画「Elephant」に声の出演を果たしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら