ビューティ

「シロ」が秋冬コレクションを発売 自然界の補色や土カラーで力強さを表現

 自然派コスメティックブランド「シロ(SHIRO)」は9月10日に、2020年秋冬のカラーメイクコレクションを発売する。製品ラインアップは人気アイテム「カレンデュラアイシャドウリキッド」「がごめ昆布マスカラ」の新色や限定色に、新アイテムとして「ジンジャーリップスティックグロウ」「ジンジャーリップカラープライマー」を追加。4品12種をそろえる。開発にあたり、植物が持つ力強さを表現し自然界の補色の組み合わせや、くすんだ土っぽい色を取り入れた。

 「カレンデュラアイシャドウリキッド」はコロナ禍下に、ECで最も売れている人気製品で、保湿力があってケア効果が高いカレンデュラを配合。新4色は植物の茎と赤い花びらの境目にあるグラデーションなど意外に思える組み合わせを表現した。「がごめ昆布マスカラ」はブランドを代表する素材であるがごめ昆布エキスとゆず精油を配合。4月発売の限定色は即完売するほどの人気となったが、新色は角度によって輝きが変化する偏光パールを利かせたネイビーとカーキ、限定色のピンクブラウンを加える。

 またジンジャー配合で唇をふっくらと見せる「ジンジャーリップスティック」に、初めての艶タイプ「グロウ」が登場。ユーザーから人気の高いブラウン系2色と鮮やかな赤の3色を用意した。さらに新アイテムとしてオイルベースの人気唇専用美容液「エッセンスリップ」の発想をもとにした色つきリップ下地「ジンジャーリップカラープライマー」を投入。ホワイティッシュゴールドとサフランイエローの2色展開で、シアーな色づきで保湿しながら唇の質感を変化させる。薄づきのため、マスク着用時の色移りも気にせず使用できる点とともに訴求する。

 同ブランドではエシカルの観点から包装資材を省いた製品を用意し、“エシカル割”として通常価格から3%値引いた価格で販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら