ニュース

生理や妊娠、フェムテックを考える5日間 「ミチカケ」が参加無料のオンラインイベントを開催

 大丸梅田店5階の“あなたのリズムに寄り添う”をコンセプトにした売り場「ミチカケ(MICHI KAKE)」は7月19〜23日、初のオンラインイベント「michi kake at online」を開催する。

 新型コロナウイルスの流行に伴って、これまでとは異なる新しい働き方も出てきた今、”自分自身の身体について知り、ライフプランを考える”ことをテーマに、5日間で5つのトークセッションをユーチューブ上で配信。フェムテックに関する情報とともに、生理や妊娠についての専門的な知識をゲストを招いて届ける。

 事前申し込み制で、無料で誰でも参加できる。「ミチカケ」の公式サイトの申し込みフォームから応募すると、参加用のURLが記載された招待メールが届く。応募締め切りは各回の開催1時間前まで。

プログラムは以下の通り、

■「世の中に広がるフェムテックの未来」
日時:7月19日 19:00~20:00
ゲスト:石川勇介/ファミワン代表、杉本亜美奈/フェルマータCOO
内容:今、世の中で大きくなっている生理や妊活、妊娠、産後ケア、セクシャルウェルネス、更年期など、タブー視されてきていた女性の健康に関する社会課題をテクノロジーで解決する動きについて。フェムテックにまつわる情報を、直近で注目されている妊活・不妊治療・生殖にフォーカスして届ける

■「生理の近代史」
日時:7月20日 19:00~20:00
ゲスト:田中ひかる/歴史社会学者
内容:日本における生理用品の変遷や、女性を取り巻く環境変化を考える。田中氏が担当する「ミチカケ」のサイト上の連載に掲載しているコラムの内容に沿って、書ききれなかったポイントをさらに深堀りする

■「20代・30代女性のための妊娠の知識」
日時:7月21日 19:00~20:00
ゲスト:西史織/ステルラ代表、入澤諒/「シーム」プロデューサー、菊地盤/メディカルパーク横浜 院長
内容:働く女性の増加に伴い増えている不妊症の夫婦について。妊娠に関する疑問から、不妊治療の関する情報まで、医学的な見解を交えながら伝える

■「産む?産まない?働く女性のライフプラン設計」
日時:7月22日 19:00~20:00
ゲスト:永井裕美子/リブCOO、月花瑶子/産婦人科専門医
内容:仕事と妊娠、女性にとってライフプランを考える上で一度は通る道。現代は、価値観も多様化し、さまざまなライフスタイルが存在する。「仕事を続ける」か「結婚・妊娠」を望むか、子どもを「産む」か「産まない」か。それぞれ違うライフプランを歩むゲストとともに考える

■ドキュメンタリー映画「LOOKING FOR THAT」試写会&トークイベント「男性が考える、生理のこと」
日時:7月23日 19:00~20:00
ゲスト:朴基浩/映画監督、吉川雄司/ヘルスアンドライツ代表
内容:朴基浩監督は、「なぜ生理のことをアレと呼ぶのだろう?」という自身の幼い頃からの疑問の答えを探すべくドキュメンタリー映画「LOOKING FOR THAT」を制作。トークイベントでは、映画の上映会(約60分)とトークイベント(約30分)を開催