ビューティ

女優・モデルの長谷川京子が「ダイソン ヘアビューティーアイコン」に就任 日本の女性の製品認知度アップを目指す

 ダイソンはヘアケア製品において、女優・モデルとして活躍する長谷川京子を「ダイソン ヘアビューティーアイコン」に起用し、新たなキャンペーンを7月1日から開始した。テレビCMやデジタル広告、ウエブサイトなどに出演し、「過度な熱に頼らずに髪本来の艶を守る」ヘアケアを発信する。

 発表会に登場した長谷川京子は、「健康的な美しさでは、肌はもちろん髪の毛もすごく印象に残る。いろいろなヘアアレンジをしても艶だけは不可欠なので、出かける前はちゃんと髪をぬらし、エアラップのブラシでとかしながら乾かして髪を整えることを今まで以上にやらなきゃいけないと思っている」とコメント。さらに、「街を歩いているときに髪の毛のきれいな人を見ると、気づいたら振り返っていることがある。自分自身も“スーパーソニック イオニック”と“エアラップ”をもっと使いこなせるようになって、たくさんの人を振り向かせたい」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら