ビューティ

ヘアサロン「サン バレー」朝日代表が伝授 ブローだけの簡単スタイリング

 ヘアサロン「サン バレー(SUN VALLEY)」の代表を務める朝日光輝ヘアメイクアップアーティストが、ダイソン(Dyson)の新製品発表会に登場した。2人のモデルを相手に、ヘアドライヤーで作り上げるトレンドスタイリングを実演した。

 ボブスタイルにウエーブがかかった女性モデルを前に、朝日ヘアメイクアップアーティストは「全部ブローするのはめんどくさいと思うので、顔まわりだけでもいい。顔まわりや表面というのは、品を感じさせる部分なので艶を出すことが大事」とブローのポイントをレクチャー。ブラシで顔まわりの毛を取り、引っ張るようにブローしていくと、全体にかかっていたウエーブとのメリハリが生まれ、フロントとフェイスラインに艶が出たことで洗練された印象に仕上がった。

 ストレートのロングヘアの人には、動きをつけたい時や、朝忙しくて時間がない時におすすめのアレンジを伝授。毛先をねじり、ねじった髪の束を巻きつけるようにまとめたら、ドライヤーで熱をしっかり当てる。そしてまとめた髪をほどいて下から軽くブローすると、ナチュラルで動きのある今どきのウエーブスタイルが完成した。ポイントは、「ロングのウエーブスタイルは持ち上げて、風の力で伸びてしまわないようにする」こと。「前髪などは何回もやらなくていいので、一度熱を入れて艶とボリュームを出す」とポイントを語った。

 普段からダイソンのドライヤーを愛用しているという朝日ヘアメイクアップアーティストは、「これまで美容師は、腕を振りながらドライヤーを使って、熱を当てすぎずにブローするテクニックを身につけていた。ダイソンのドライヤーは熱をコントロールしてくれるから、その必要がない。後輩の教育も考え直さなくてはいけない(笑)」とその魅力を語っていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら