ファッション

「ジュンコ コシノ」が初のオンラインストアをオープン 新型コロナの影響を受けて

 「ジュンコ コシノ(JUNKO KOSHINO)」はこのほど、ブランド初のECサイト「ジュンコ コシノ マーケット(JUNKO KOSHINO - MARKET)」をオープンした。これまで同ブランドは直営店のみで販売を行ってきたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けてECサイトの立ち上げを決断。ブランドは「直営店への来店が困難な中、全国のSNSを見たお客さまから、ウェブ上で商品を見ることができないかという要望が多数寄せられた。新しいニーズと生活様式に対応するためにスタートを決めた」とコメントしている。

 ECサイトでは、「ジュンコ コシノのさまざまなスタイル・価値が共存するマーケット」をテーマに、ブランドのアイテムのほか、コシノ本人が海外でセレクトしてきた商品や、ビンテージコレクションなど、直営店とは異なるラインアップを扱う。

「ジュンコ コシノ」“ファーストライン”のシルクストール(8万2500円)やパイソンレザーバッグ(9万9000円)、浴衣コレクション(3万8500円〜)のほか、4月にスタートしたZ世代向けのストリートブランド「スーパージュンコ(SUPERJUNKO)」のバッグコレクション(3630円〜)なども販売する。また、コシノがパッケージデザインを担当した梅干し「ジュンコ コシノ X 紀州南高」(6個入り、2300円〜)もそろえる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら