ビューティ

ジョンソン・エンド・ジョンソンがタルク入りのベビーパウダーの販売を北米で中止

 ジョンソン・エンド・ジョンソン(JOHNSON & JOHNSON)はアメリカとカナダでベビーパウダーの販売を中止する。同社のベビーパウダーはタルクを配合し、これまで多くの訴訟が起きている。訴訟の多くはガン患者によるもので、使用しているタルクにアスベストが含まれ、それが卵巣ガンの原因になっていると訴えている。

 同社は5月19日、新型コロナウイルスの感染拡大によりニーズが高まっている製品を優先すべく、販売中止に至ったと発表。これにより問題となっているタルクベースのベビーパウダーをはじめ、約100品が販売中止となる。また、同ベビーパウダーは「消費者の変化」や「製品の安全性にまつわる誤報と相次ぐ訴訟」により近年売り上げが落ちていたと明かした。なお、同ベビーパウダーは同社のアメリカにおけるコンシューマーヘルス事業の売り上げの0.5%ほどを占めていたという。

 同社のベビーパウダーにまつわる騒動は数々の訴訟以外にも起きてきた。昨年はアメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)がとあるECサイトで購入された同社のベビーパウダーのボトルにアスベストを発見。それにより10月に3万3000個を回収したが、同社は同じバッチで生産ラインで製品をテストしたところ、アスベストは発見されなかったと主張。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら