ビューティ

ジョンソン・エンド・ジョンソンがタルク入りのベビーパウダーの販売を北米で中止

 ジョンソン・エンド・ジョンソン(JOHNSON & JOHNSON)はアメリカとカナダでベビーパウダーの販売を中止する。同社のベビーパウダーはタルクを配合し、これまで多くの訴訟が起きている。訴訟の多くはガン患者によるもので、使用しているタルクにアスベストが含まれ、それが卵巣ガンの原因になっていると訴えている。

 同社は5月19日、新型コロナウイルスの感染拡大によりニーズが高まっている製品を優先すべく、販売中止に至ったと発表。これにより問題となっているタルクベースのベビーパウダーをはじめ、約100品が販売中止となる。また、同ベビーパウダーは「消費者の変化」や「製品の安全性にまつわる誤報と相次ぐ訴訟」により近年売り上げが落ちていたと明かした。なお、同ベビーパウダーは同社のアメリカにおけるコンシューマーヘルス事業の売り上げの0.5%ほどを占めていたという。

 同社のベビーパウダーにまつわる騒動は数々の訴訟以外にも起きてきた。昨年はアメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)がとあるECサイトで購入された同社のベビーパウダーのボトルにアスベストを発見。それにより10月に3万3000個を回収したが、同社は同じバッチで生産ラインで製品をテストしたところ、アスベストは発見されなかったと主張。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら