ビューティ

ジョンソン・エンド・ジョンソンがタルク入りのベビーパウダーの販売を北米で中止

 ジョンソン・エンド・ジョンソン(JOHNSON & JOHNSON)はアメリカとカナダでベビーパウダーの販売を中止する。同社のベビーパウダーはタルクを配合し、これまで多くの訴訟が起きている。訴訟の多くはガン患者によるもので、使用しているタルクにアスベストが含まれ、それが卵巣ガンの原因になっていると訴えている。

 同社は5月19日、新型コロナウイルスの感染拡大によりニーズが高まっている製品を優先すべく、販売中止に至ったと発表。これにより問題となっているタルクベースのベビーパウダーをはじめ、約100品が販売中止となる。また、同ベビーパウダーは「消費者の変化」や「製品の安全性にまつわる誤報と相次ぐ訴訟」により近年売り上げが落ちていたと明かした。なお、同ベビーパウダーは同社のアメリカにおけるコンシューマーヘルス事業の売り上げの0.5%ほどを占めていたという。

 同社のベビーパウダーにまつわる騒動は数々の訴訟以外にも起きてきた。昨年はアメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)がとあるECサイトで購入された同社のベビーパウダーのボトルにアスベストを発見。それにより10月に3万3000個を回収したが、同社は同じバッチで生産ラインで製品をテストしたところ、アスベストは発見されなかったと主張。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。