ビジネス

NYのジェフリーが閉店 創業者も引退へ

 ノードストローム(NORDSTROM)は傘下の専門店ジェフリー(JEFFREY)3店を閉店する。ジェフリーの創業者、ジェフリー・カリンスキー(Jeffrey Kalinsky)はノードストロームのデザイナー・ファッション・ディレクターを務めているが、引退を表明している。

 カリンスキーは2005年にノードストロームにデザイナー・マーチャンダイジング・ディレクターとして入社。同部門のエグゼクティブ・バイス・プレジデントやバイス・プレジデントを経て、現職に就いた。ノードストロームは05年にジェフリーの過半数株式を取得した。

 ノードストロームは新型コロナウイルス危機の影響で米国内16店の閉店も決めている。ピート・ノードストローム(Pete Nordstrom)社長兼チーフ・ブランド・オフィサーは「コロナ禍でビジネスは難しい時期ではあるが、デザイナーズは近年急速に成長したカテゴリーだった。ジェフリーの貢献は大きかった」と語った。

 ジェフリーは1999年にニューヨークのミートパッキング地区にオープン。「グッチ」や「シャネル」「サンローラン」などを扱い、同地区に他のデザイナーズストアがオープンするきっかけとなった。ほかにアトランタとカリフォルニア州パロアルトに店舗を構える。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら