ファッション

TOKYO BASEもTシャツブランド「パブリックティー」をスタート 第1弾は「ポケモン」

 セレクトショップの「ステュディオス(STUDIOUS)」を展開するTOKYO BASEは5月30日、オリジナルブランド「パブリックトウキョウ(PUBLIC TOKYO)」からTシャツに特化したブランド「パブリックティー(PUBLIC TEE)」をスタートさせる。

 第1弾は人気アニメ「ポケモン(POKEMON)」を用いて、イラストレーターのニシクボサユリと、フラワーショップのディリジェンスパーラー(DILIGENCE PARLOUR)で代表を務める越智康貴の2人がTシャツ全8型を手掛けた。人気キャラクターの“ピカチュウ”“ミュウ”“メタモン”や、「ポケモン」をゲットするときに使うモンスターボール、ゲーム内で「ピカチュウ」と遭遇したシーンをフロントに配したものなどを、レギュラーサイズとビッグサイズでそれぞれ用意する。サイズは共に1〜4をそろえ、価格は全て6000円。「パブリックトウキョウ」公式ストアや海外店舗でブランドスタート同日に販売する。

 また同ブランドの取り組みとして、アパレルOEMのマルチョウに協力を仰ぎ、短サイクル生産や受注生産の実現による在庫レスを目指し、さらなる価値向上を追求していくという。

 Tシャツ特化型ブランドとしては「UT」や「ビームスT」などがあり、毎年コラボTシャツが話題になる。「UT」は4月に、「ポケモン」とアーティストのダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)とのコラボTシャツを発売している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。