ビジネス

小松マテーレ6期ぶりの減益 新型コロナ休業響く 20年3月期

 染色加工大手の小松マテーレの2020年3月期決算は、売上高が前期比6.5%減の365億円、営業利益が同25.5%減の16億円、経常利益が同22.5%減の21億円、純利益が同35.5%減の13億円で、3期ぶりの減収、6期ぶりの減益だった。新型コロナウイルスの影響による減収は、売上高では20億1000万円、営業利益では6億900万円だった。同社は新型コロナの感染者が出たため、3月2日から自主的に2週間事業停止していた。中山賢一会長兼社長は「安全を最優先して自主的に事業を停止するという経営判断は、取引先をはじめ多くの方々からご支持いただくと同時に、事業活動の応援にもつながった」とウェブで配信した決算会見で語った。

 セグメント別の衣料・ファブリック部門は同2.1%減の251億円だった。分野別では、ファッション分野は欧州向け国内向けのラグジュアリーは堅調に推移するも欧州アッパーミドル向けが減少し、2.3%減の147億円、民族衣装分野は計画通りに推移し同10.3%増の45億円、スポーツ・機能分野は海外向けスポーツとユニホームが減少して同9.5%減の58億円だった。

 今後は、ビジネス環境の変化に呼応して、EC事業とヘルスケア事業をはじめとする新事業の創設・拡大により販売力強化を目指す。EC事業では、BtoBメーカーとしての事業展開に加え、BtoCモデルの導入も予定する。ヘルスケア事業では3月にウイルスの活動を抑制するマスクインナーを開発しており、今後は同技術を使った生活資材、病院介護用資材(シーツ、枕カバー、カーテン)、マスク、車両内装材、インテリア関連、ユニフォーム衣料などに用途を広げ、3年で10億円の販売を予定している。

 2021年3月期の通期見通しは新型コロナにより未公表で、上期(4〜9月)のみを公表。4〜9月期の売上高は前期比11.1%減の163億円、営業利益は同34.5%減の5億円、経常利益が同23.5%減の8億円、純利益が同14.5%減の5億円を見込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。