ビジネス

百貨店の「さいか屋」が横須賀店を閉店へ 96年の歴史に幕

 神奈川県を拠点にする百貨店のさいか屋は8日、横須賀店を2021年2月に営業を終了すると発表した。

 同社によると、横須賀店の売上高のピークは1992年2月期の368億円。以降は減少が続き、17年2月期以降は赤字で、直近の20年2月期は65億円と8割以上も縮小していた。業績回復の見通しがたたない同店を閉め、基幹店の藤沢店などに経営資源を集中する。同店の20年2月末時点での従業員は134人。閉店に伴い、35歳以上の社員を対象に希望退職者120人を募集する。

 さいか屋横須賀店は1928年開業の老舗百貨店。90年に新館、南館を増床し、北別館を含めた3棟で営業してきた。売り場面積は1万9343平方メートル(新館:地下3階~地上6階、南館:地上1~6階、北別館:地上1~3階)。地下1階の食料品、1階の化粧品・ファッション雑貨のほか、上層のファッションフロアはミセスやキャリア女性向けが中心の構成で、主に地元住民などの利用を想定してきた。

 なお、閉店後の横須賀地区ではサテライト店舗の開設を検討しているという。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら