ファッション

「グッチ」の20年プレ・フォール広告は野生動物保護 自然の中で撮影

 「グッチ(GUCCI)」は2020年プレ・フォール・コレクションの広告キャンペーンで、野生動物とその生息地の保護に光を当てている。

 キャンペーンでは、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクター監修のもと、長年のパートナーであるアラスデア・マクレラン(Alasdair McLellan)が撮影したモデルとシカやフクロウ、スカンク、リスなどが太陽の下で戯れるビジュアルを公開した。マクレランが監督した短編動画も「グッチ」公式ユーチューブチャンネルで公開している。

 ミケーレを象徴する自由な感覚を生かした折衷主義に沿って、モデルが草木に囲まれてフラフープやフルートの演奏を楽しみ、子どもの頃のような自然とのつながりを取り戻す姿を描いた。今年1月にミケーレが2020-21年秋冬のメンズ・コレクションで掲げたテーマの“無邪気さを取り戻す、幼少期への原点回帰”とつながる表現だ。

 同ブランドは2月に野生動物保護活動を支援するライオンズ基金に加盟しており、広告に動物を使用した際は媒体費の0.5%を同基金に寄付する。ライオンズ基金は、映画監督のクリストファー・ネリウス(Christopher Nelius)と、ロブ・ガルッツォ(Rob Galluzzo)製作プロダクション フィンチ(FINCH)創設者が18年9月に設立。国連開発計画主導のもと、動物保護、生物多様性、気候変動対策のため、今後5年以内に年間1億ドル(約107億円)を超える募金を集めることを目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

循環型ファッションが2021年のキーワード 記者が選ぶ21アイテム

2021年第1弾となる1月4&11日合併号は、2021年のビジネスキーワードとなる「循環型ファッション」の特集です。今、全世界で大量生産・大量消費・大量廃棄の直線型経済から、リサイクル、再利用、再生産、省資源製品開発、シェアリングなどを通じて資源を循環させる循環型経済への移行が急務になっています。ファッションデザインにおいても“循環型”が重要なキーワードです。従来の形や柄、色、トレンド性などをポイ…

詳細/購入はこちら