ファッション

「グッチ」の20年プレ・フォール広告は野生動物保護 自然の中で撮影

 「グッチ(GUCCI)」は2020年プレ・フォール・コレクションの広告キャンペーンで、野生動物とその生息地の保護に光を当てている。

 キャンペーンでは、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクター監修のもと、長年のパートナーであるアラスデア・マクレラン(Alasdair McLellan)が撮影したモデルとシカやフクロウ、スカンク、リスなどが太陽の下で戯れるビジュアルを公開した。マクレランが監督した短編動画も「グッチ」公式ユーチューブチャンネルで公開している。

 ミケーレを象徴する自由な感覚を生かした折衷主義に沿って、モデルが草木に囲まれてフラフープやフルートの演奏を楽しみ、子どもの頃のような自然とのつながりを取り戻す姿を描いた。今年1月にミケーレが2020-21年秋冬のメンズ・コレクションで掲げたテーマの“無邪気さを取り戻す、幼少期への原点回帰”とつながる表現だ。

 同ブランドは2月に野生動物保護活動を支援するライオンズ基金に加盟しており、広告に動物を使用した際は媒体費の0.5%を同基金に寄付する。ライオンズ基金は、映画監督のクリストファー・ネリウス(Christopher Nelius)と、ロブ・ガルッツォ(Rob Galluzzo)製作プロダクション フィンチ(FINCH)創設者が18年9月に設立。国連開発計画主導のもと、動物保護、生物多様性、気候変動対策のため、今後5年以内に年間1億ドル(約107億円)を超える募金を集めることを目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら