ファッション

メンズブランド「シュウ オム フェム」がシンガーSIRUPとコラボ 売り上げの10%を新型コロナの被災者へ寄付

 メンズブランド「シュウ オム フェム(SYU.HOMME/FEMM)」は4月24日21時から、シンガー・ソングライターSIRUP(シラップ)とのコラボレーションアイテムを公式オンラインストアで予約発売する。また今回、同コラボアイテムの売り上げの10%を新型コロナウイルスの被災者、または医療機関への支援金として寄付をする。

 「シュウ オム フェム」2020年秋冬コレクションと、SIRUPが今年3月にリリースした最新EP「CIY」のテーマが双方ともに”LOVE / 愛”を題材にしており、フィールドの違う両者が同じテーマで活動をしていたことから意気投合し、今回のコラボの実現に至った。

 アイテムは、「シュウ オム フェム」を代表する背面にギャザーをあしらったデニムジャケットをベースに、SIRUPの最新EP「CIY」の文字を刺しゅうで施した。価格は1万5000円(税込)で、サイズはフリーだ。

 また今回のコラボを記念して、「シュウ オム フェム」の小野秀人デザイナーとSIRUPによるインスタライブを24日20時から21時まで行う。新型コロナの被災者らへの支援金に関する逸話や、コラボアイテムに対する思いなどを語る。

 小野デザイナーは「これをきっかけに少しでも皆のパワーになれればと思っている。普段通りの日常が戻る日を願いながら、コラボアイテムを手に取っていただけたらとてもうれしい」とコメントした。

 SIRUPも「今はなかなか外出も難しい状況だが、家の中でもお気に入りの服や新しい服を着る予定をつくることで楽しみになったり、気分も上がったりすると思うので、コラボアイテムをゲットして少しでも未来を明るくしてもらえたらうれしい」と語る。

新型コロナウイルスの最新記事はこちらから

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら