ファッション

ドラッグストアやスーパーの購買データ可視化ツールを1カ月間無料で提供

 データマーケティング会社のトゥルーデータは、購買データ可視化ツールの「Dolphin Eye(ドルフィンアイ)」を1カ月間無償で提供する。

 「ドルフィンアイ」は、全国のドラッグストアや食品スーパーマーケットの購買データを簡単に確認できるサービス。新型コロナウイルス感染拡大による需要や売り上げの急激な変化に影響されるメーカー企業が対象だ。無償提供は先着200社までで、ウェブサイトで申し込みができる。

 すでにコスメ企業などが導入しており、小売店の店舗での売り上げや平均売価、購入者の年齢等の情報分析に利用している。トゥルーデータは今回の無償提供について「企業の生産や配荷の計画に役立ててほしい」と語った。なお、通常の利用料金は月額4万8300円〜だが、期間終了後も新型コロナウイルス対策の特別料金での提供を検討している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら