ファッション

戦略の時代に突入したインスタグラム 運用テクをインフルエンサーに直撃 Kazu編

 「WWDジャパン」の3月23日号では、インスタグラムを特集した。単なるSNSではなく、「モノを売る場」や「検索の場」となっているインスタグラムの攻略術を担当役員への取材やSNSのプロフェッショナルによる座談会、アパレル企業へのアンケート調査などから探った。本記事では特集内で行ったインフルエンサーたちへのアンケート調査の回答をピックアップ。認知度がほぼない状態から、インスタグラムを駆使してインフルエンサーとして活動するに至った人物たちに、普段使うアプリや投稿で意識しているテクニック、月々の企業案件数などを聞いた。第5弾は、Kazuさんだ。

WWD:現在の職業と、普段のインスタグラムの投稿内容を教えてください。

Kazu:フリーランスでSNSマーケティングやメディア運営、オンラインサロン運営などをしています。インスタグラムでは、ファッションを軸にスタイリングやポートレートの投稿をしています。

WWD:投稿頻度はどの程度でしょうか。

Kazu:毎日投稿しています。

WWD:インスタグラムで戦略を立てる際に重要だと言われているインサイト(クリエイターやビジネスアカウントに切り替えることで見ることができる投稿分析機能)で重視している項目は?

Kazu:いいね!数、保存数、フォロワー外リーチ数を気にしています。いいね数は共感数、保存数は参考・見返したいという思いからついていると考えていて、それぞれ重視しています。フォロワー外リーチ数では、既存フォロワー外にどれだけ見られたかの数値になるので新規獲得に繋がったかどうかの視点で見ています。

WWD:投稿の際に画像加工などで使用するアプリはありますか?

Kazu:Adobe Lightroomです。

WWD:写真撮影時に使う機材などはありますか?

Kazu:主に一眼レフで撮影をしていて、自分ではキャノン EOS Kiss X8iを持っていますが、カメラマンさんに撮っていただくことも多いです。

WWD:写真の画角やハッシュタグの付け方などで、投稿の際に意識している細かいテクニックはありますか?

Kazu:画角は、服が綺麗に見える角度を考えています。ハッシュタグは、自分の投稿はどのジャンルに属するのか、自分の投稿は“ファッション”であるということをインスタグラムのAIに理解させることと、SEO的に検索されそうなワードを考えています。

WWD:これまでに最もバズった投稿はありますか?

Kazu:スタイリングの投稿です。4500いいね!でした。

WWD:企業案件は1カ月にどの程度来ますか?また、月にどの程度受けていますか?

Kazu:毎日のようにきますが、受けるのは2,3ヶ月に1件程度です。

WWD:企業案件の1投稿当たりの報酬について、これまでと現在で金額に変化はありますか?

Kazu:フォロワー数の変動によって変わってきます。

WWD:インスタグラムに関して、外部支援(コンサルティングやセミナー登壇など)を行っていますか?

Kazu:はい。      

WWD:外部支援の依頼は、最近増えていますか?

Kazu:まだそれほど多くはないですが、相談されることはあります。今後増やせていきたいと思っています。

WWD:インフルエンサーとして、今後描いているキャリアプランはありますか?

Kazu:現在の仕事と相乗的に伸ばしていき、会社を建てたいと思ってます。

WWD:現在活用しているインスタグラムの機能を理由と共に教えてください。

Kazu:フィード投稿・ストーリーズです。IGTVなども興味はありますが、まだ踏み込み切れていません。

WWD:今後活用していきたいインスタグラムの機能があれば理由と共に教えてください。

Kazu:投稿に着用品を外部通販サイトに紐つけて、アフィリエイトができるようになったり、インスタライブに投げ銭機能があるといいなと思っています。