ファッション

「ビームス ジャパン」と「ピルグリム サーフ+サプライ」が京都・新風館にオープン

 ビームスは同社が運営する「ビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)」と「ピルグリム サーフ+サプライ(PILGRIM SURF + SUPPLY以下、ピルグリム)」を4月16日に開業する京都の複合施設「新風館」にオープンする。共に西日本初出店。新風館は、日本初上陸となる米国発のエースホテルなどが入る施設で、オープン前から話題になっている。

 日本にかかわるモノ、コト、ヒトを発信する「ビームス ジャパン」は新宿店、渋谷店に次ぐ3店舗目。古都・京都を拠点に、地元の作家や企業とのコラボレーションのほか、独自にアレンジした日本の銘品や土産物、オリジナルのアパレルなどを並べる。オープンに合わせて、京都の技細工を用いたジュエリーブランド「花背ワラ(HANASE WARA)」に別注したしめ縄モチーフの8種類のブローチ(3000~6300円)や京都・清水焼の「蘇嶐窯」に特別にオーダーした飛青磁や飛鉋(3500~3万円)を発売する。また、京都店限定のフィールドウオッチ(1万3000円)などもラインアップする。

 国内2店舗目となるニューヨーク・ブルックリン発のセレクトショップ「ピルグリム」は、ブランドコンセプトの“自然と都会のデュアルライフ”を体現するオリジナルコレクションと国内外からセレクトしたファッションとアウトドアのアイテムをそろえるほか、アクティビティーやイベントも開催していく。オープンに合わせたロゴTシャツなどの先行発売に加え、5月6日まで「ピルグリム」のロゴを手掛けたアーティストのトッド・セント・ジョン(Todd St. John)によるアートショーを開催する。クリス・ジェンティール(Chris Gentile)「ピルグリム」オーナーが京都の街を撮り下ろした写真集も店頭配布する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。