ファッション
連載 齊藤孝浩の業界のミカタ

欧州企業の年次報告書から学ぶこと 齊藤孝浩のファッション業界のミカタVol.5

有料会員限定記事

 企業が期ごとに発表する決算書には、その企業を知る上で重要な数字やメッセージが記されている。企業分析を続けるプロは、どこに目を付け、そこから何を読み取るのか。この連載では「ユニクロ対ZARA」「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)の著者でもある齊藤孝浩ディマンドワークス代表が、企業の決算書やリポートなどを読む際にどこに注目し、どう解釈するかを明かしていく。今回は日欧米のアニュアルリポートの違いについて考察する。(この記事はWWDジャパン2019年8月19日号からの抜粋です)

 ビジネストレンドを知るために毎年世界のSPA企業の売上高ランキング(4月15日号P.15参照)を作成しているのですが、集計する数字は主に企業が発表する損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)、キャッシュフロー計算書(CF)などの財務諸表(決算書)から拾っています。加えて、それぞれの企業の取り組みや決算書からだけでは読み取れない動向やデータを拾うために、アニュアルリポート(年次報告書)および関連資料にも目を通します。

 提出がマストでないアニュアルリポートは、企業がどんな取り組みを世界の投資家に対して訴えたいかが分かる鏡です。CEOやトップのコメントや企業紹介の後にどんな項目をもってくるか、企業が力を入れていることをアピールしているか?今回は、過去10年くらいのアニュアルリポートおよび関連書類を見ていて感じていることをまとめてみたいと思います。

この続きを読むには…
残り3228⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。