ファッション

サザビーリーグとビームスがタッグ 「アフタヌーン ティー・リビング」をプロデュース

 サザビーリーグが運営する「アフタヌーンティー・リビング(AFTERNOON TEA LIVING)」は、ビームスのライセンスブランド「ビームス デザイン(BEAMS DESIGN)」が監修・プロデュースしたオリジナルアイテムを3月25日から順次発売する。両ブランドによる取り組みは初めて。

 “ファミリーオアシス(FAMILY OASIS)”をテーマに、家でも外でも、家族が集う場所が憩いの場になるようなアイテムをそろえる。自宅やアウトドア、オフィスなどさまざまな場所で使うことを想定し、工夫次第で2~3通りの使い方ができることを意識して商品開発を行った。多くの商品は親子で使用できるよう大・小の2サイズを用意。アーティストの神山隆二が描き下ろしたグラフィックを採用する。

 ランチボックス(各2000円)やカトラリー(各1000円)、携帯用ボトル(140mL各1600円、180mL各1900円)、プレート(各1200円)、ミニトレー(1800円)、ステンレスタンブラー(2500円)、ポーチ(各2300円)、2ウエイボトル(各4200円)、スポンジセット(1000円)、保冷トートバッグ(3500円)、レジャーシート(3800円)などをラインアップする。

 なお、「ビームス デザイン」のプロデュースアイテムを3000円以上購入すると、先着5000人に神山がデザインしたショッパーがプレゼントされる。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら