ビジネス

キャロウェイゴルフが「ジャック・ウルフスキン」を日本展開 マークイズみなとみらいに新店オープン

 キャロウェイゴルフ(東京都港区、アレックス・ボーズマン社長)は、ドイツ発のアウトドアブランド「ジャック・ウルフスキン(JACK WOLFSKIN)」の日本事業を、現在の輸入販売代理会社であるキャラバンから引き継ぎ3月から本格展開する。

 2月に一部販売店でショップ・イン・ショップを展開し、3月12日に横浜のマークイズみなとみらいに新店をオープンするほか、2日に昭島アウトドアヴィレッジ店を、6日に南町田グランベリーパーク店をリニューアルオープンする。夏にはオンライン販売をスタートさせる予定だ。

 「ジャック・ウルフスキン」は1981年にドイツで創業し、ヨーロッパを中心に展開してきたアウトドアブランド。狼の毛皮(ウルフスキン)のようにどのような環境でも快適な機能性の高い商品開発に取り組む。自然環境に配慮したサステナブルなモノ作りにこだわる。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら