ファッション

アトモスが春節に向けた“エア マックス”の発売を記念して店内で中華料理を振る舞った夜

 スニーカーショップの「アトモス(ATMOS)」と「ナイキ(NIKE)」は1月23日、中国の春節(旧正月)を記念したモデル“ナイキ エア マックス1 プレミアム CNY(NIKE AIR MAX1 PREMIUM CNY以下、CNY)”の発売イベントをアトモス千駄ヶ谷で開催した。千駄ヶ谷店の1階に中華料理店をイメージした円卓を並べ、アトモスがフレンドやファミリーと呼ぶ限られた関係者を招待して本格的な中華料理を振る舞った。

 “CNY”とは“Chinese New Year”の略。色鮮やかなデザインは、中国の伝統的な食器から着想した。中国では陶器の椀は神様の恩恵をもたらすものと考えられており、シューズのアッパーには複数の素材による龍や花、刻印、幾何学模様などをあしらっている。シューレースは箸を、アイレットは中国貨幣をイメージしており、アウトソールには“ナイキ オフィシャル”を意味する“耐克官窑”という文字も入っている。“一家団欒”“子孫繁栄”“千福万来”という願いが込められた縁起のよいモデルだ。

 イベントでは、石川涼せーの社長や「マジックスティック(MAGIC STICK)」の今野直隆デザイナー、お笑い芸人のアントニー、過去に“エア マックス”の投票型イベントで選ばれた宅万勇太、E-girlsのYURINOと須田アンナ、モデルのあわつまい、女優の吉倉あおいらアトモスのファミリー&フレンズが“CNY”を履いて食事を楽しんだ。

 “CNY”(1万4500円)はイベント翌日の24日に一般発売され、千駄ヶ谷店にはこのとき設置された円卓などを特別ディスプレーした。なお、アトモスではすでに完売している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら