ニュース

「ルイ・ヴィトン」から新作レインシューズが登場 スニーカー“LV アークライト”もベースに

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は1月17日、ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)=ウィメンズ・アーティスティック・ディレクターによるカプセルコレクション“RAIN”を発売する。

 同コレクションは、ブーツ3型、サンダル1型を用意。同ブランド人気スニーカーの“LV アークライト”をレインブーツ風に仕上げた“LV アークライト スニーカーブーツ(LV ARCHLIGHT SNEAKER BOOT)”(2色、各10万3000円)、「ルイ・ヴィトン」のシグネチャーであるモノグラム・フラワーの形をヒールに再現した“シルエット アンクルブーツ(SILHOUETTE ANKLE BOOT)”(3色、各9万7000円)、同じくラバー素材を採用して製作した“ラプソディー アンクルブーツ(RHAPSODY ANKLE BOOT)”(2色、各9万7000円)、ベルトにモノグラム・パターンを用いたフラットサンダル“サンバス フラットミュール(SUNBATH FLAT MULE)”(3色、各5万8000円)となる。また、全てのシューズに防水性に優れたラバー素材を採用しており、ブーツのプル・ストラップにはモノグラムを施した。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら