ファッション

「ルイ・ヴィトン」から新作レインシューズが登場 スニーカー“LV アークライト”もベースに

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は1月17日、ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)=ウィメンズ・アーティスティック・ディレクターによるカプセルコレクション“RAIN”を発売する。

 同コレクションは、ブーツ3型、サンダル1型を用意。同ブランド人気スニーカーの“LV アークライト”をレインブーツ風に仕上げた“LV アークライト スニーカーブーツ(LV ARCHLIGHT SNEAKER BOOT)”(2色、各10万3000円)、「ルイ・ヴィトン」のシグネチャーであるモノグラム・フラワーの形をヒールに再現した“シルエット アンクルブーツ(SILHOUETTE ANKLE BOOT)”(3色、各9万7000円)、同じくラバー素材を採用して製作した“ラプソディー アンクルブーツ(RHAPSODY ANKLE BOOT)”(2色、各9万7000円)、ベルトにモノグラム・パターンを用いたフラットサンダル“サンバス フラットミュール(SUNBATH FLAT MULE)”(3色、各5万8000円)となる。また、全てのシューズに防水性に優れたラバー素材を採用しており、ブーツのプル・ストラップにはモノグラムを施した。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら