ファッション

「ルイ・ヴィトン」ウオッチ&ジュエリー部門ディレクターによるオリジナルジュエリーが日本初上陸

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のウオッチ&ジュエリー部門アーティスティック・ディレクター、フランチェスカ・アムフィテアトロフ(Francesca Amfitheatrof)が手掛ける「シーフ アンド ヘイスト(THIEF AND HEIST)」は12月18日から、東京・六本木のセレクトショップのリステア(RESTIR)でブレスレット“シリーズ001”(1万5000円)を販売する。アジア圏での販売は今回が初めて。

 “シリーズ001”は、一度付けるとハサミで切るまで外すことができない“タグ”をコンセプトに製作した。ただ着飾るためのアクセサリーとしてではなく、大切な思い出や願いをアクセサリーを通じて半永久的に身につけるというストーリーが込められている。カラーはブラック、ホワイト、ピンク、イエロー、オレンジ、グリーン、パープル、コーラルの全8色をそろえる。

 アムフィテアトロフは東京で幼少期を過ごしたのち、1993年にロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(Royal College of Art)で修士号を取得。2014年に「ティファニー(TIFFANY & CO.)」のデザインディレクターに就任し、“ティファニー T”や“ハードウェア”コレクションを手掛けた。18年から「ルイ・ヴィトン」でウオッチ&ジュエリー部門アーティスティック・ディレクターを務めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら