ファッション

「ルイ・ヴィトン」ウオッチ&ジュエリー部門ディレクターによるオリジナルジュエリーが日本初上陸

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のウオッチ&ジュエリー部門アーティスティック・ディレクター、フランチェスカ・アムフィテアトロフ(Francesca Amfitheatrof)が手掛ける「シーフ アンド ヘイスト(THIEF AND HEIST)」は12月18日から、東京・六本木のセレクトショップのリステア(RESTIR)でブレスレット“シリーズ001”(1万5000円)を販売する。アジア圏での販売は今回が初めて。

 “シリーズ001”は、一度付けるとハサミで切るまで外すことができない“タグ”をコンセプトに製作した。ただ着飾るためのアクセサリーとしてではなく、大切な思い出や願いをアクセサリーを通じて半永久的に身につけるというストーリーが込められている。カラーはブラック、ホワイト、ピンク、イエロー、オレンジ、グリーン、パープル、コーラルの全8色をそろえる。

 アムフィテアトロフは東京で幼少期を過ごしたのち、1993年にロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(Royal College of Art)で修士号を取得。2014年に「ティファニー(TIFFANY & CO.)」のデザインディレクターに就任し、“ティファニー T”や“ハードウェア”コレクションを手掛けた。18年から「ルイ・ヴィトン」でウオッチ&ジュエリー部門アーティスティック・ディレクターを務めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら