ファッション

高田賢三が新たにライフスタイルブランド「K3」を立上げ

 デザイナーの高田賢三(80)がラグジュアリーホームウエア&ライフスタイルブランド「K3」を立ち上げた。パリのサンジェルマン通りに新設した「K3」のショールームと、フランス・パリで開催されるインテリアとデザインの見本市「メゾン・エ・オブジェ(Maison et Objet)」で1月17日に披露する。

 家具や陶芸品、絨毯、オブジェ、リネン、テキスタイルなどを展開する。生産地はイタリアやフランス、米国だが、陶芸品には金継ぎ技法を用いるなど日本的の伝統的な要素がうかがえるコレクションになっているという。

 高田はブランド立ち上げに際し、ジョナサン・ブーシェ・マンハイム(Jonathan Bouchet Manheim)をマネジング・パートナーに、エンゲルベルト・オノラ(Engelbert Honorat)をクリエイティブ・アシスタントに迎えた。ブランド名の「3」は高田を含めたこの3人を指す。このほか、総勢250人以上がブランド立ち上げをサポートする。

 1999年に「ケンゾー(KENZO)」から退いた高田は、「60歳になったタイミングで『ケンゾー』から退いたのは早すぎた。働きたいという気持ちに気付いたので復帰することにした。もうすぐ81歳になるが、まだ働いていることに自分自身でも驚いている」とコメントした。

YU HIRAKAWA:幼少期を米国で過ごし、大学卒業後に日本の大手法律事務所に7年半勤務。2017年から「WWDジャパン」の編集記者としてパリ・ファッション・ウイークや国内外のCEO・デザイナーへの取材を担当。同紙におけるファッションローの分野を開拓し、法分野の執筆も行う。19年6月からはフリーランスとしてファッション関連記事の執筆と法律事務所のPRマネージャーを兼務する。「WWDジャパン」で連載「ファッションロー相談所」を担当中

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら