1. トップショップが中国のフランチャイズ契約を終了 80店舗目標に1店舗もオープンできず

トップショップが中国のフランチャイズ契約を終了 80店舗目標に1店舗もオープンできず

企業動向 ライセンス 海外事業

2018/8/13 (MON) 07:00

 トップショップ(TOPSHOP)は、中国のフランチャイズパートナー、シャンピン(尚品、ShangPin)との契約を相互の同意のもと、早期終了したと8月9日に発表した。北京を拠点とするシャンピンは、ファッションとラグジュアリー商品のリテーラーで、欧米ブランドをそろえる招待制の会員サイト「シャンピン.com」を運営している。

 両社は2014年9月に契約を締結し、トップショップは「シャンピン.com」に出店することで中国に初上陸した。16年12月にはトップショップのフィリップ・グリーン(Philip Green)=オーナーは中国本土への進出を目指し、中国国内に80店舗をオープンする契約を結んだ。しかし現在も香港の1店舗を構えるのみで、中国本土には1店舗もオープンできていない。

 トップショップは「巨大かつ重要なアジア市場で、新たな成長の機会をうかがっている」とコメントしている。11月30日までは、「シャンピン.com」とアリババが運営するECサイト「Tモール(Tmall)」で「トップショップ」とメンズライン「トップマン(TOPMAN)」の商品を販売する。また、両ブランドの公式ECサイトでは引き続き中国への販売を継続するという。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 2415人から選ばれた“顔面最強”女子 「ヴォーチェ」1月号で専属モデルデビュー

    アニバーサリー雑誌・書籍・媒体アワードイベント
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true