ファッション

「メゾン キツネ」黒木理也が手掛ける“セクシーな”空間 「カフェ キツネ 青山」が移転オープン

 ファッションブランド「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」が手掛ける「カフェ キツネ(CAFE KITSUNE)」。パリ、ニューヨーク、ソウルなど世界で8店舗を展開し、日本では2013年に東京・青山にオープンしていたが、このたび「メゾン キツネ 青山(MAISON KITSUNE AOYAMA)」により近いロケーションに移転。12月21日にグランドオープンし、前日にはオープニングパーティーを開催した。

 リニューアルに合わせてメニューもアップデート。今年9月に岡山県出石町にオープンした「カフェ キツネ ロースタリー 岡山」で自家焙煎したオリジナルブレントコーヒーをはじめ、東京・西麻布にある「ハウス(HOUSE)」の谷祐二シェフ監修によるアボカドトーストやクロックムッシュ、あずきトーストといったモダンなメニューに加え、自家製のスイーツなどバラエティー豊かなメニューがラインアップしている。

 内装は「メゾン キツネ」の共同設立者である黒木理也によるもの。今回の移転オープンについて黒木は、「自分が好きな“和”をモダンな形で発信したかった。そして、いわゆるコテコテなセクシーではなく、和を基調とすることで生まれる清潔感のあるセクシーな空間。世代に関係なく皆が集まれるようなフレンドリーな空間でありながらセクシーさも感じられる場所を作った。夜はアペリティーボのように、ディナー前にシャンパンやハイボールなどを飲みに気軽に立ち寄ってもらえれば」と語った。

 その言葉通り、内装は木材、竹、畳や土壁など日本古来のあたたかみのある素材をベースに、真ちゅうや大理石などを所々に施したデザインに仕上がった。緑に囲まれたファサードや、窓の外には竹が植えられているのも特徴だ。また音にもこだわり、時間帯に合わせたキツネ ミュージック(Kitsune Musique)のプレーリストがSONOS(ソノス)のサウンドシステムから流れ、「メゾン キツネ」のカルチャーを存分に味わえる空間となっている。

■カフェ キツネ 青山
オープン日:12月21日
営業時間:月〜日曜日 9:00〜20:00(LO 19:30)
定休日:不定休
住所:東京都港区南青山3-15-9

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら