ファッション

「メゾン キツネ」が現地企業と中国に折半子会社

 ジルダ・ロアエック(Gildas Loaec)と黒木理也による「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」はこのほど、中国の紳士服大手のジョーワン(JOEONE、九牧王)グループと折半出資の子会社メゾン キツネ・チャイナを設立した。資本金などの詳細は未公表だ。中国子会社は中国本土と香港、マカオでのファッションとeコマースを行う。中華圏では現在香港に1店舗を持つのみだが、合弁会社の設立で、今後5年間で50店舗に広げる計画で、9月までには香港と上海、成都にオープンする。

 「メゾン キツネ」は世界400拠点で販売しているが、アジアでの拡大戦略を掲げており、昨年には韓国でサムスン系列のサムスン物産と独占的なパートナーシップ契約を締結し、ソウルに1号店をオープンしていた。

 1989年設立のジョーワングループは上海証券取引所に上場しており、2018年度の売上高は26億8100万人民元(約428億円)、純利益は5億800万人民元(約81億円)。中国で2700店舗を持つ。

 「メゾン キツネ」は昨年3月、「アース ミュージック&エコロジー(EARTH MUSIC & ECOLOGY)」などを展開するストライプインターナショナルが増資し、持分法適用関連会社になる一方、長年日本事業のパートナーだったジュンとの合弁を解消していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら