ニュース

「アムリターラ」が日本のバラの原種“ハマナス”を使った製品をリニューアル発売 1本に40〜50輪分のバラを使用

 国産オーガニックコスメブランド「アムリターラ(AMRITARA)」は2020年2月5日、創業当時から人気のローズシリーズをリニューアルし、直営店とオンラインショップで販売する。

 これまで配合成分として水を使用していたが、今回から水は使わず「循環型自然農法で栽培したバラを用い、日本のバラの原種“ハマナス”から抽出した植物細胞水のみを使っている。ローズには美肌作用のほかに、抗酸化作用や自律神経を整える働きが期待できる」と勝田小百合アムリターラ代表。一般的に、植物の芳香蒸留水は水蒸気蒸留法で抽出されるが、同ブランドでは減圧低温蒸留法を採用。蒸留機の中を真空にし、35℃前後という低温でハマナスの“植物細胞水(ハマナス花水)”をフレッシュな状態で取り出せるのが特徴だ。

 美容液「ローズ リビング セラム」(7800円)は、ハマナスの花から抽出した植物細胞水をベースに、白樺樹液やアロエベラの植物細胞水を配合。1本あたり40〜50輪分のハマナスが使われている。クリーム「ローズ エナジー クリーム」(6800円)には、ハマナスの花びら、ハマナスの果実、ハマナスの葉のエキスを処方。特にハマナスの花は抗酸化力にすぐれ、100gあたり20gのポリフェノール量を含んでいる(日本食品分析センター調べ)。いずれもハマナスに含まれる香り成分で肌を引き締め整えるほか、女性ホルモンにもアプローチ。艶やかで潤いのある肌をかなえる。また、20年3月には化粧水「ローズアムリタウォーター」(4400円)のパッケージリニューアルを行うなど、シリーズでの使用を提案する。

小竹美沙:1984年生まれ。女性誌やウェブマガジンにて、ナチュラル&オーガニック&サステナブルなコト、モノ、人びとについて取材&発信中。2009年から恵比寿のファッションスクールのオフィシャルライターとして広報資料のライティングにも携わる

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら