フォーカス

「共感してもらうことでファンを獲得」 ヘアサロン「ガーデン」の人気美容師Momoの集客法

 インスタグラムのフォロワー数2万4000超え、月間最高売り上げ330万円を超えるヘアサロン「ガーデン オモテサンドウ(GARDEN omotesando)」の人気美容師、Momoトップスタイリスト。人気インフルエンサーや人気美容師のインスタグラムを研究し、自身で実践し続ける彼女に売り上げを伸ばす秘訣を聞いた。

WWD:Momoさんが福岡の美容専門学校卒業後、東京の「ガーデン」を志望した理由は?

Momo:美容学校に通っているうちに雑誌に出ている美容師に憧れるようになり、それなら東京に行こうと思って、月に1回上京して、当時雑誌によく出ていたサロンを30店ほど回ったんです。その中で「ガーデン」はスタッフの対応もよくて、そこで自分が働くことがイメージできたので、志望しました。

WWD:スタイリストデビューにはどれくらいかかった?

Momo:3年2カ月ほどです。同期の中では2番目のデビューでした。

WWD:アシスタント時代に意識していたことはある?

Momo:売り上げの高い先輩のアシスタントについていたので、その先輩よりもお客さまと接する時間が長く、その人を「自分のお客さまにしよう」という思いでやっていました。そのおかげか、多くのお客さまがスタイリストに早くなれるように応援してくれて、それがすごく励みになりました。

WWD:スタイリストデビューしてから売り上げは順調に伸びた。

Momo:デビュー初月はありがたいことにカットモデルや先輩のお客さまだった人がお祝いで来てくれて、売り上げ100万円を達成できました。そこから少し伸び悩んでいた時期もあったので、インスタグラムでの集客を意識するようになり、人気の美容師さんや人気のインスタグラマーさんのインスタグラムを見て、どういったヘアスタイルや見せ方が“いいね”やフォローにつながるのか、かなり研究しました。それでいいと思ったことを自分でも実践し、去年の秋くらいにフォロワー数が1万を超えてから徐々に新規のお客さまが増えて、売り上げも伸びていきました。今は新規で月100~150人ほどお客さまが来てくれています。

WWD:インスタグラムではどのようなことを意識している?

Momo:これはインスタグラムに限らないのですが、自分のファンを増やすことは意識しています。その上でインスタグラムでは、“女性に共感してもらえること”を意識しています。ヘアスタイルの画像だけではなく、私の人柄や好きなものが伝わるように、私自身のファッションやメイク、プライベートなことも投稿しています。そうするとその雰囲気が好きな人が共感してくれて、来てくれるようになりました。ストーリーズでも、プライベートで行った場所やアシスタントのことなど、お客さまが来店したときに話題にしやすいことを投稿するようにしています。ヘアも美容師が見て“クリエイティブ”と思うものよりも、お客さま目線でかわいいスタイルを投稿するようにしています。

WWD:投稿の頻度は?

Momo:1日1~6投稿です。営業前にモデルを呼んで撮影を行い、1回の撮影で3パターンほど撮影して、インスタグラムの投稿用にコンテンツ作りをしています。

WWD:最近は動画をアップする人も多いが、動画はアップしない?

Momo:動画もアップしていった方がいいとは思うんですが、面倒だと続かなくて。それならできることをやっていこうという考えです。画像に文字を入れるのも流行っていますが、それだと“集客のため”というのが強くなりすぎるので、やらないです。

WWD:SNS以外で売り上げを伸ばすために意識したことは?

Momo:リピートしてもらうために、次回提案は必ずするように心掛けました。

WWD:今後の目標は?

Momo:売り上げでは年内に月350万円が目標です。それ以上だとお客さまと接する時間も短くなるし、私が理想とする美容師ではなくなってしまう――それは嫌なので。あとは雑誌の撮影など外の仕事もどんどんやっていきたいです。