ファッション

「グラッド」と「ギルト」統合から1年、10%の成長の今と未来

有料会員限定記事

 フラッシュセールサイトの「ギルト」と「グラッド」が統合して約1年が経過した。ギルト・グループを吸収合併し、社名をGLADDからラベルヴィーへと変更した同社は現在、両サービス合計で会員数は500万人以上、商品取扱高は年200億円を誇り、国内のファッションECとしてもその存在感は大きい。国内フラッシュセールサイトの2強は統合後どのような道を歩み、これからどこへ向かうのか。ラベルヴィーの共同最高経営責任者(CEO)である香取純一氏と渡辺サブリナ氏に聞いた。(この記事はWWDジャパン2019年9月30日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1203⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら