ニュース

新しく誕生した「南町田グランベリーパーク」 アウトレットと公園が一体となった新たな“街づくり”を目指す

 町田市、東急、ソニー・クリエイティブプロダクツの3者の協業によって開発された「南町田グランベリーパーク」が11月13日に誕生する。「南町田グランベリーパーク」は、“まちの全部がパークになる”をコンセプトに、都内最大のアウトレット施設「グランベリーパーク」や鶴間公園、駅が一体となったエリアの総称で、広さは東京ドーム約4.7個分の22万平方メールという広大な面積だ。また今回の再開発に合わせて10月1日、東急田園都市線の最寄り駅の名称も「南町田」から「南町田グランベリーパーク」に変更された。

 「グランベリーパーク」は2000~17年までに開業していた「グランベリーモール」をリニューアルしたもので、店舗数は計241店(うちアウトレット100店)。国内最大級の「モンベル(MONT-BELL)」やレストラン併設型の「スノーピーク(SNOW PEAK)」、東急百貨店が運営するセミセルフコスメショップ「シンクス ビューティー パレット」の2号店となる町田店、関東で唯一のブッフェスタイルの「KFCレストラン」、10スクリーンを有する「109シネマズグランベリーパーク」など、ファッションを中心にビューティや飲食、エンターテインメントと幅広い業態をそろえる。

 また「グランベリーパーク」と鶴間公園の中間には新たに「パークライフ・サイト」が設けられ、六本木から移転したスヌーピーミュージアム(12月14日開館)や「ピーナッツ カフェ」などがオープンする。

 「グランベリーパーク」の売り上げ目標は非公開だが、年間来場者数は1400万人を目標に掲げる。