ファッション

東コレ映像ダイジェスト・バックステージ 各ブランドのリードメイクアップアーティストが語るポイント

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が運営する2020年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京(RFWT)」が10月19日まで開催された。今季から、冠スポンサーがアマゾン ファッションから楽天になり、どのような変化が起きるのか注目される中、バイヤーやプレス、招待客しか入れない「RFWT」を映像で追いかける。最後は、バックステージに潜入してヘアメイクをクローズアップ。多くの化粧品ブランドがサポートするRFWT。今回は「ネグレクトアダルトペイシェンツ(NEGLECT ADULT PATIENTS)」を手掛けた「SHISEIDO」、「ノントーキョー(NON TOKYO)」の「M・A・C」、「ステア(STAIR)」の「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」のリードメイクアップアーティストに、ポイントを聞いた。

NEGLECT ADULT PATIENTS

 「ネグレクトアダルトペイシェンツ」は、「SHISEIDO」の豊田健治ヘアメイクアップアーティストが手掛けた。デザイナーの渡辺淳之介の若い頃インスピーション源だった、映画や音楽からさまざまなキャラクターをヘアメイクで演出。パンキッシュや音楽の匂いを誇張したメイクを披露した。

NON TOKYO

 「ノントーキョー」は、池田ハリス留美子「M・A・C」シニアアーティストがリードに入った。メイクは、アニメからインスパイアされたガーリーなイメージと、その中にどう強さを出すかがポイント。ブラックや赤みのない茶色などをメインカラーに、艶感のあるものなどを取り入れた。

STAIR

 「ステア」は打出角康「シュウ ウエムラ」インターナショナル アーティスティック ディレクターが手掛けた。完璧に作りすぎないメイクがポイント。中でも目にポイントを置き、きちんと描かずに荒さを残す、ちゃんと囲まず囲まないところも作るなどで表現している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。