ファッション

【平成プレイバック】 池田ハリス留美子「M・A・C」シニア アーティストが振り返る“ストロビング”

 「M・A・C」のシニア アーティストに就任してから撮影やバックステージ、舞台などさまざまな経験をした中で、特に2016年春夏コレクションのバックステージが印象に残っています。当時のコレクションのメイクアップトレンドは“フレッシュな艶”が最も目立ちました。艶を表現するワードとして、ストロボライトを当てたような肌を演出する “ストロビング”というワードに感動したことを覚えています!私が入ったバックステージでは使わない日がなかったほど「M・A・C」の「ストロボクリーム」は大活躍し、“ストロビング”のワードのルーツといっても過言でないかと思います。個人的に平成は心に残る思い出はたくさんありますが、私にとっての一番の“平成”ニュースは、やはり平成26年に「M・A・C」のシニア アーティストに就任したことですね。

池田ハリス留美子「M・A・C」シニアアーティスト:2002年にM・A・C入社。表参道ヒルズ店プロショップや東京コレクションを経て07年に渡米し、KABUKIに従事。09年からニューヨークの「M・A・C」プロショップで活動。ニューヨーク・コレクションや東京コレクションなど多くのバックステージでの経験を持つ。14年から「M・A・C」シニア アーティストとして日本のチームを束ねる

【業界人の「平成プレイバック」
ファッション・ビューティ業界の若手からベテランまで「平成時代に印象に残った出来事」とは?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。