ファッション

京都のマガザンキョウトがフリーマーケット 「洋服好きたちが、手放し方のわからなくなった服をたくさん売るマーケット」

 京都のマガザンキョウトは10月5〜14日にセレクトショップのカムズザサン(COMES THE SUN)との共同企画によるマーケットイベントをマガザンキョウトで開催する。

 「洋服好きたちが、手放し方のわからなくなった服をたくさん売るマーケット」と題し、洋服の循環を目指す。マガザンキョウトオーナーの岩崎達也をはじめ、カムズザサン代表の木本大介、モデル兼アーティストのジュン・ヘイガン(Jun Hagan)、そのほかにも京都を拠点に活躍するブランド関係者やショップ店員などが出店し、数百点のアイテムがそろう。

 マガザンキョウトは2016年にオーナーの岩崎達也がクラウドファンディングで資金を募ってオープンした宿泊施設。"触って、使って、泊まって、買える。 五感をフルに使ってカルチャーを体験できる空間"をコンセプトに、テーマにそった書籍の販売やイベントを開催する。

◼︎「洋服好きたちが、手放し方のわからなくなった服をたくさん売るマーケット」
日程:10月5〜14日
場所:マガザンキョウト
住所:京都市上京区中書町685-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。