ビューティ

「プロアクティブ」創設者のスキンケアブランドが2020年に日本上陸

 アクネケアブランド「プロアクティブ(PROACTIV)」の創設者、ケイティ・ロダン(Katie Rodan)とキャシー・フィールズ(Kathy Fields)医師が立ち上げたスキンケアブランド「ロダン+フィールズ(RODAN + FIELDS)」が2020年に日本上陸する。皮膚科学から生まれたプレミアムスキンケアブランドの同ブランドは近年グローバル展開を進めており、今回アジア初進出となる。

 「ロダン+フィールズ」はケイティとキャシーが「プロアクティブ」を売却後、02年に北米で立ち上げたドクターズコスメブランドで、皮膚科医としての経験と科学的知見から自然の力が生きる成分を厳選して配合した製品を手掛けている。製品はコンサルタントによるダイレクト販売とオンラインサイトで取り扱い、15年にカナダ、17年にオーストラリアに進出している。

 今回の日本上陸に向け、5年の歳月をかけて日本人女性向けの製品を新たに開発した。リン・エモロ(Lynn Emmolo)=チーフ・グローバル・オフィサーは「われわれの皮膚科学に基づいた理念は、日本市場のトレンドや日本人女性のニーズ、そして複数の製品をシリーズで使う彼女たちのスキンケアルーティンにマッチしていると思う。日本は世界で2番目に大きいスキンケア市場で、われわれがグローバルのビジネスを強化するにあたり最適な市場だ」とコメント。

 なお、同社の17年度の売上高は15億ドル(約1605億円)だった。業界筋は日本に進出して最初の2年で1億ドル(約107億円)を売り上げると分析する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら