ニュース

オーストラリア発 1本で1年間使える脱プラ・サステイナブルな洗濯洗剤「ハッピー」上陸

 オーストラリアに本社を置き、オーガニック化粧品や健康補助食品の開発・製造・販売を手掛けるONEグループ(ONE Group)はこのほど、オリジナルのオーガニック液体洗濯洗剤「ハッピー(HAPPI EARTH)」を立ち上げた。本国では4月下旬に発売しD2C(Direct to Consumer)を中心に展開。日本では自社ECサイトとオーガニックウェブマガジン「IN YOU」で販売するほか、6月20日から伊勢丹新宿本店ビューティアポセカリーでの取り扱いがスタートする。

 同社によると、海には約5.25兆個のプラスチックごみが存在し、そのうち26万9000トンが海面を浮遊し、40億個のプラスチック製マイクロファイバーが海底1平方キロメートルを覆っているという。オーストラリアでは昨年7月、小売店での使い捨てレジ袋の使用が禁止となり、2025年までに同国内で使われる包装材全てをリサイクル可能か再利用可能なものに切り替えることが決定された。数年前からこうした脱プラスチックを加速する動きがある中、同社では海洋プラスチックごみ削減を目指す洗濯洗剤を開発した。今回の「ハッピー」は濃縮タイプで、7~8kgの洗濯物に必要な量が2.5mL(小さじ半分)と、1袋(1L入り)8700円で約400回使用できる。平均的な家庭であれば1袋で1年分の洗濯ができるため、一般家庭で年間13本の容器を廃棄するといわれる洗濯洗剤容器のプラスチックごみ削減になる。

 また、同商品は合成界面活性剤や漂白剤、蛍光剤などの化学物質や化合物を使用せず、全成分に有機物質を使って低温製法で製造。開発途上国からフェアトレードによる原料調達を行い、主原料であるソープナッツは自然に落ちた実だけを収穫するなど自然環境と生態系に配慮したモノ作りを行っており、厳格な基準を持つACO(Australian Certified Organic)とUSDA(United States Department of Agriculture)のオーガニック認証を取得した。さらに同商品は、環境保全団体WWFジャパン(公益財団法人世界自然保護基金ジャパン)とのライセンス契約によって製造される公式ライセンス商品でもあるため、商品を購入するごとに同団体の支援にもつながる。品質面では非オーガニックと比較してもそん色ない洗浄力に近づけるため、ヒマラヤ産のソープナッツのほか、ソープベリー、グリセリン、さとうきびエタノール、ユーカリオイル、オレンジオイルを配合。敏感肌や乳幼児の肌、衣類にも優しい成分で高い洗浄力を実現した。

 なお、同社は洗濯洗剤のほかに「ウルトラフーズ(ULTRAFOODS)」のサプリメントやプロテインなどの食品も製造しており、オーガニック専門スーパーのビオセボンやイオンで展開している。