ファッション

パリコレ・スナップ第1弾 「マリーン セル」に集まった“三日月ロゴ”軍団

 「マリーン セル(MARINE SERRE)」は9月24日、パリ郊外の競馬場で2020年春夏コレクションのランウェイショーを開催した。会場付近にはブランドの三日月パターンのアイテムを自分らしいスタイリングで取り入れたファッショニスタが集結した。

 日本からはモデルのemmaが来場。この日はトップスとタイツで違う三日月パターンのアイテムをチョイスした遊び心のあるスタイリングだ。韓国のダンススタジオ、ワンミリオン(1MILLION)の人気コリオグラファー、リア・キム(Lia Kim)は「マリーン セル」のシルバーのアイテムで全身をワントーンでまとめた。タイツやボディースーツなど体のラインが出るアイテムは男性にはあまりなじみのないものかもしれないが、会場にはこのボディーラインが出るアイテムを上手く着こなしたメンズの姿も見られた。上海拠点のフォトグラファーの男性は、ボディースーツの上にTシャツやコートを重ね、赤い三日月パターンを手の部分だけ見せ、スタイリングのアクセントにしていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら