ファッション

「フォーエバー21」が日本撤退 10月末で全14店舗とECを閉鎖

 ファストファッションブランド「フォーエバー21(FOREVER 21)」は9月25日、日本から撤退すると同社のウェブサイトで発表した。東京・新宿や渋谷などの路面店、イオンモール沖縄ライカムなどの大型商業施設に合計14店舗を出店しているが、オンラインストアも含め、10月末ですべて閉鎖する。

 「フォーエバー21」は2009年4月に第1号店である原宿店をオープン。その後はスウェーデン発の「H&M」とともに安価でファッション性の高いファストファッションブランドとして一大ブームを巻き起こした。

 だが17年10月にはその原宿店を閉鎖するなど日本で不採算店を相次いで閉鎖。本国の米国でも倒産報道が出るなど、経営不振が表面化していた。ファストファッションブランドはこの数年、英「トップショップ(TOPSHOP)」も経営不振に陥っているほか、「H&M」もこれまでの成長にブレーキがかかっており、世界的に岐路を迎えている。

 「フォーエバー21」の現在の日本の店舗は、新宿と渋谷、イオンモール沖縄ライカム店のほか、路面店の福岡天神店と大阪道頓堀店、札幌大通店のほか、大型ショッピングセンターやファッションビル内ではららぽーと横浜店、ららぽーと新三郷店、大阪のルクア イーレ店、さいたま市のコクーンシティ店、仙台フォーラス店、イオンモール広島府中店、神戸の三宮オーパ店、イオンモール京都店になる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら