ファッション

「UT」から河村康輔が手がける“ドラゴンボールUT”が登場

 ユニクロ(UNIQLO)のグラフィックTシャツブランド「UT」は、コラージュアーティストの河村康輔が人気アニメ作品の「ドラコンボールZ」を題材にデザインした“ドラゴンボールUT”を、11月下旬に全国の「ユニクロ」店舗およびオンラインストアで発売する。

 河村は特徴的なコラージュ手法を用いたタイトルロゴや、イラストを裁断して再構築するシュレッダーデザインで主人公の孫悟空の必殺技“かめはめ波”を表現した。

 「UT」によるオリジナルデザインでは、2つのTシャツを並べると孫悟空とトランクスの合体技“フュージョン”が完成する仕掛けを施した。

 同コレクションではメンズTシャツ12柄(1500円)とスエット6柄(2990円)、キッズTシャツ6柄(990円)とスエット4柄(1500円)をそろえる。

 河村康輔は1979年広島県生まれ。コラージュアーティスト、グラフィックデザイナー、アートディレクターとして活動し、多数のアパレルブランドにグラフィックを提供している。2012年の「大友克洋GENGA展」のメインビジュアルや、17-19年渋谷パルコの跡地に製作した「AKIRA」のアートウォールで知られる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら